HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>学校

ディベート1

先週の話しになるんですが、学校でてディベートをしました。
それについて書きたいと思います。

テーマは

1、
”こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)”の設置に賛成か反対か

みんな、それぞれの意見があると思います。
僕のこのテーマに対する意見を書きたいと思います。・コウノトリのゆりかご(赤ちゃんポスト)の設置について

この意見には賛成の人、反対の人が半分にわかれました。
それぞれの言い分はこうでした。

賛成
一時的に預けるだけなので、育児放棄ではない
経済的に子育てができない時に一時的に預けることができる

反対
子育て放棄を助長する
匿名性に問題がある




僕は、赤ちゃんポストの設置には賛成という意見でした。

最近、幼児虐待などの事件はよく報道されるようになり、
小さな命が簡単に奪われていると思う。
この世に誕生した時点で、それは大切な命であり、
その命の重さは同じであり、
誰にだって一つしかないものである。
その命を奪うことは誰にも許されることではない。
そんな事をしてしまうのであれば、
一時的に預けることで救うことができると思う。
預けている間に仕事などを頑張れば
いずれ子どもを引き取って、
また家族で楽しく暮らせるようになるんじゃないかと思う。

預けた子どもたちを親が迎えにこない場合もある。
そのときは里親を募集し、
その中から選ばれた人と一緒に暮らす形になるらしい。
でも、それでも命を奪ってしまうよりはいい方法だと思う。
確かに自分の親ではない。
でも、たくさんの愛を注いでくれる。
心を開くことができれば、
本当の親子のように暮らしていくこともできるじゃないかと思う。



僕は
まだまだ世の中の事を知らないので
この考えは甘いかもしれない。
でも、命を大切にしなければいけないってことは
いつの時代も同じだと思う。

もし、これについて意見がある人はどんどんコメントしてください。


ディベートはこれ以外にもあるので、どんどん書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yumeoibitohane.blog116.fc2.com/tb.php/212-4017faa2

コメント

物事には、必ずいい面と悪い面がありますよね。
その中で、相手の主張も認めつつ、自分の主張、意見をきちんと述べれることが
一番大切で、それがきちんとできてるリュウさんは、素敵ですね(*´∀`*)

今回の件については、いい面と悪い面がどちらも分かるから、
なかなか難しいことですが、
あたしもやっぱりリュウさんと同じで、
究極、殺されちゃうぐらいならよっぽどポストに入れてくれたほうが、
赤ちゃんにとってもいいことではないかと思います。
生まれてきた命を奪う権利は、誰にもないものだから・・・
こういうの新鮮でいいですね。
親の勝手で子供が殺されてしまうという最悪よりは
いいと私は思いますね。ただポストというネーミングが
良くないよーな。子供の「家」とかならいいけど。

産んだ後の子育て法や子供への愛情のかけ方とかを
教えてくべきじゃないのかな。命の大切さとか。
少し話しが違う方向へいくけど、殺人が多過ぎる。
命を殺してはいけないことをもっと教えてくべきだなって
思います。

と、真面目に言っちゃた。
オラとしては
賛成派です。

そもそも 何故育児放棄に至るのか???
という問題を解決の方向へ持っていかなければ ずっとポストがあるのも
本当はダメだとも思うんです。

まずは 簡単に妊娠してしまう事。
だめだだめだといっても 男性がコンドームをしないケースが多いですね。
だったら ピルの入手をもう少し容易にする事も必要だとおもいます。
薬局の薬剤師あたりから買えるくらいに。

あとは 中絶費用を 援助する。
中絶費用がなくて 赤ちゃんを産み捨てる人間が多く、それも問題。

産んだから愛せるとは 限りません。
レイプによるものだったり、 母性に乏しい人もたくさんいますし、
今は経済的にもストレス社会で、子供に八つ当たりするケースも否めない。

赤ちゃんポストは 「 殺す、捨てる 筈だった子供を救ってる 」 事に一躍かってるとおもいます。
設置されていない都道府県では いまだに赤ちゃんの産み捨ては多いと思います。
今は そういった赤ちゃんポストで 一時的に赤ちゃんを救う事を続けながら、 どうすれば 望まれずに生まれてくる赤ちゃんを減らせるか?
そういった問題も考慮して実現させていかなきゃだめですね。

匿名でなければ 命を捨てたり預けたりできないでしょう。
もし、いつか引き受けに来るかもしれないという気持ちのある親ならば、
なにかしら赤ちゃんと一緒に 何か目印のような品を残していくでしょう。

子育てを放棄するというのは どこの母親にも起こりうる事です。
望んで産んだ場合でも 過度のストレスで 母親は赤ちゃんにたいして
憎しみを抱いたりしてしまうもの。
愛情と憎しみは紙一重、ともいいますしね。
ちょっとした歪みが 愛を憎へ変換してしまう・・・・

赤ちゃんポストは ネーミング意外は 賛成です。
あくまで一時的なものとしてですが。

ながくなってごめんね^^;
皐月は反対派です
ヨヨ子さんのコメントに同感です。
皐月の言いたいこと、ゼンブヨヨ子さんが言ってくれています。

ただ、皐月はね、赤ちゃんポスト設置に反対派なんです。
産むことは誰にも出来ること。でも育てることが難しいのです。
なんの避妊もせずに、本能のままに行為をする?・・・
・・無知で無責任過ぎます。
育てられないのなら、避妊をしっかりするべきですね。
簡単に「赤ちゃんポストがあるさ」では、
赤ちゃんが哀れです。

学校教育に問題があると思いますね。
早くから命の大切さを教えるべきで、それと同時に
避妊教育をしっかりして欲しいと思います。

男性とちがって女性の身体は、デリケートです。
出産するにも命がけだし
堕胎をして命を失った女性を知っています。
もちろん親にも責任の一端がありますね。
>ひまわりさん
何事にもいい面と悪い面があって
いい部分だけを取り上げられたらいいんですけどね。。
そういうわけにも行かず・・・・^^;

授かりたいと思っても授かることのできない人もいるし、
命の火をともし続けるってとても大変なことなんですよね。
だからこそ、こういうものの存在が今は必要なのかなと思います。
将来的にはこのような制度がいらなくなればいいんですが・・・

>fuupuさん
名前はこのままでは良くないですね。
ポストっていうのが・・・・

命の大切さを教える場所というのは少ないですね。
小さなころにもっといろんな事を教える機械を増やすべきですね。
>ヨヨ子さん
コメントありがとうございます。

僕も将来的にはこのような制度がいらないようになればいいなと思います。

いろんな問題が山積みですね。
でも、一つずつでも解決していかなくてはダメですね。
でないと、この制度が必要になってしまい、
日本から幼児に関する事件がなくなりませんね。

これからこの問題に立ち向かっていかないといけないな。
>皐月さん
ディベートの中でも子どもを育てていることで
親同士の付き合いがあったり、
いろんな良い面があるという意見もありました。
避妊することは大事ですね。

そういう教育は学校ではなかなか教えてくれません。
僕も教えてもらった事をあまり覚えてません。
たしか、小学校と中学校で一回ずつくらいかな。。。

こういう問題は考え方の安易な行動が生むんですよね。
だからこそ、小さな頃からの教育が大事だと思います。

みなさん、コメントありがとうございました!!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。